BLOG

展示会も後半戦に突入です

先月から沢山のブランドの展示会に参加しています。
スポーツ自転車業界のこの光景にも慣れ、ようやく半分を終えました。
残すところ数社になりましたが、まだまだ大阪出張は終わりません!
そんな中で気になったのがコンポーネント。
流石にカンパが組まれたバイクはあまり見かけませんでした!?
格好良いのですがお値段的にも抵抗がある様な気がしています。
そんな中、クランクが激変しているのはご存知ですか・・・
Campagnolo
Campagnolo
いわずと知れたイタリアンブランドのパーツメーカーです。
全ての商品を自社にて開発・製造していますが、最近ではその影に日本メーカーの存在が...
以前のクランクは誰が見てもカッコ良いもので、私も愛用者の一人です。
黒く輝くカーボンクランクは皆の憧れで、デザインも優れていました。
今回のビッグチェンジも慣れるまでには今しばらく時間が掛かりそうです。
時代の流れには逆らえないのでしょうか?
シマノも良いですが、カンパはそれ以上に填まります!
私も愛用者の一人です。          キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

ペンナローラ(PENNAROLA)・CICLI ITALIA

当店のお客様にも乗って頂いているペンナローラのフラッグシップバイクです!
乗って頂いているお客様に代わって言うならば、このブランドのバイクはレーシングバイクです!
私も店長もこのブランドのカーボンバイクを所有していました。
実は私も先日までこのブランドのマイルドレーシング・RC-4に乗っていました。
何故か撮影・試乗用のバイクにはMavicが装着されています・・・
PENNAROLA RC-8
For RACING(ULTRA STRONG) = RC-8
ペンナローラのフラッグシップロードバイクで、ダブルプリント・オートクレーブ製法で創られたレースバイクです。
全体的に剛性が高いですが、衝撃吸収性も備えています。
ホイールのチョイスにより乗り味は全く別物に変化し、オールラウンドバイクとしてもお使い頂けますが、決して柔らかくはありません・・・
PENNAROLA RA-1
お次はこのブランドで唯一のアルミフレームになります。
特にこのバイクはクリテリウムレースにターゲットを当てたレースバイクで、7005のダブルバテットのチューブを使用したレーシングバイク。
RC-8同様、脚に自信のあるお客様には良く進むバイクだと思います。
ペンナローラのレース仕様アルミバイクです・・・
PENNAROLA RC-4
このブランドの一押しでもあるマイルドレーシングのRC-4です。
私も先日までこのバイクに乗っていましたが、レースからグランフォンドにまで幅広く対応出来る1台です。
2014モデルでは限定カラーとして販売されていたブラック X アンソライト(シルバー)ですが、2015モデルから定番カラーになりました。
当店店長も乗っているおすすめしたい1台です・・・
PENNAROLA RC-3
今回2015モデルの注目でもある【RC-3】です。
このバイクは先程までご紹介したレースバイクの要素を残しつつ、快適に走れるコンフォート系のナチュラルレーシングバイクです。
乗り味は未だ分かってはいませんが、新しい流れが見受けられます。
BBはBSAのねじ切りタイプを採用し、シートポストはΦ27.2mmが設定されています・・・
PENNAROLA RS-5
このブランド唯一のグランフォンドを意識したスチールフレームバイクです。
COLUMBUS SPIRITとカーボン・シートスティを融合させ、上質な乗り味に仕上げています。
特に「イタリアンメイド」に意識して、全工程をイタリア本土で仕上げたハンドメイドモデルです。
踏んだ瞬間に素早い反応が感じられ、乗って楽しいバイクに仕上がっています・・・
PENNAROLA KILO
ペンナローラにはMTBも取り扱いがあります。
フルカーボンのフレームは、1Kg未満ということでロゴにも K0.9 と記載されています!
ネーミングはそんなところから来ています。
カーボンのリペアシステムもありますので、万が一の際にもバックアップ体制は万全です。
私がこのブランドの説明をする際に、いつも言っていることがあります。
『PINARELLO・COLNAGOに飽きたお客様が、次に購入したいと思われるイタリアンバイク』です!
ネーミングだけでロードバイクを選ぶのはもうやめませんか!?
2台目をお考えなら選択肢に入れて頂きたいバイクです。
私もこのブランドのファンで、今後も注目して行きたいブランドの一つです。
是非ご検討下さい!          キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

MERIDA BIKES 2015 展示会に出席

当店のお客様の中にもlこのメリダのファンが多くおられます。
GIANT(ジャイアント)と共に大きくなったアジアンブランドのMERIDA(メリダ)ですが、数年前から本拠地をドイツに移しヨーロッパブランドになりました。
このブランドの良さは、某有名ブランドのOEM商品を多く手掛けています。
価格はリーズナブルながら圧倒的な技術力は折り紙付。
マウンテンバイクからロードバイク・クロスバイクまで幅広いラインナップも魅力です・・・
2015MERIDA WARP TT TEAM-E
1991年に創設されたUCIプロチームで、2013年にメリダと共同スポンサーシップを結び、[LAMPRE-MERIDA]となったランプレ。
そのチームカラーのTTバイクが、このWARP(ワープ)です。
近年、Di2(電動シフト)の普及により街乗りも出来る様になりました!
とは言え、お値段が高く簡単には購入とは行きませんが、是非ご検討頂きたいタイムトライアルバイクです・・・
2015MERIDA REACTO
お次は近年のロードバイクの主流ともいえるエアロロードバイクです。
TTバイク顔負けのフレームに、オールラウンダーである為の様々な配慮がなされています。
当然ブレーキも空力に配慮し、制動力を確保するダイレクトマウントを採用。
幅広いポジショニングと衝撃吸収を搭載した「S-Flex」シートポストが売りの一つです・・・
2015MERIDA RIDE
ランプレのチーム員から『PAVE』の愛称で親しまれているエンデュランスロードバイクです。
このバイクは特に乗り心地に重視し、石畳などの路面からの衝撃を上手く分散・吸収します。
この為に開発されたフロントフォークとシートスティ&チェーンスティは感動ものです!
タイヤも28Cまで装着出来るワイドクリアランスです・・・
2015MERIDA SCULTURA
当店でも今一番話題性がある軽量バイク・SCULTURAシリーズです。
フレームの重量は重要ですが、そのハンドリングと衝撃を支えるフロントフォークは専用設計です。
カーボンチューブ内にリブを設けたダブルチャンバーテクノロジーと、ハイモジュラスカーボンとバイオファイバーコンパウンドの融合で乗り味も期待出来ます・・・
2015MERIDA 限定販売のRIDE DISC
今年度登場したRS685=油圧ブレーキ(メカニカル)システムとULTEGRAの組み合わせは、この2015限定商品に相応しい1台です。
バック135mmで今後スタンダードになるディスクブレーキ仕様のRIDEですが、専用のフレームに仕上げています。
今回の展示会で一番気になったバイクで、今しかオーダー出来ないプレミアムなバイクです。
3種類からお選び出来ますが、乗るなら上位モデルのRIDE DISC 7000です・・・
2015MERIDA BIG.SEVEN TEAM ISSUE
このブランドで最も人気があるのが、このマウンテンバイクになります。
26インチをはじめ27・5インチや29erなど、全てのジャンルのオフロードバイクをラインナップしています。
ヨーロッパブランドの一押しは、この27・5インチのハードテールモデルですが、ONE-TWENTY 7.シリーズのフルサスモデルも存在します・・・
2015MERIDA BIG.NINE
近年、29erの需要も増して来ていますが、このブランドのバイクは世界選手権を2連覇した本物!
コチラもフルサスタイプを有し、様々なラインナップが存在します。
他にも26インチモデルやシクロクロス・ジュニアモデルなども多数のバリエーションが存在します。
メリダの2015モデルのご注文もお待ち致しております。
品質・価格でご検討下さい!          キヨシ商会


ページトップ

Top