BLOG

タイヤの交換は簡単そうで意外と難しいですね😅

自転車には大きく分けて3種類のバルブ(空気入れ)が存在致します。

 

一般的なママちゃりには英式と言われる世間一般では良く目にする

バルブですが、他にも米式(自動車など)や仏式が存在致します。

その上、チューブを使用するクリンチャーにタイヤチューブ一体式の

チューブラーに、チューブレスやチューブレスレディも存在致します。

そんな訳で今日はコチラの決戦ホイールにタイヤを装着です・・・

 

 

 

言わずと知れたCampagnoloのボーラ・ブライトラベル。

超定番の50ミリハイトのチューブラーカーボンホイールになり、

未だ尚、多くのサイクリストに愛用されているBORA・ONE。

今回もタイヤを張り替える前にリムの振り調整も行い、プロショップ

としてお客様に最高のパフォーマンスが発揮出来る様に施術しました。

 

タイヤも、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

DT SWISSのホイールを分解・グリースアップ

今日はスポーツバイクに振り回された1日で、終日バタバタでした

 

午前中からサイクルコンピュータの移行作業に四苦八苦し、大の大人

が4人掛かりで約3時間ほどスマホ片手に慣れない作業を行いました。

ひと段落したと同時に、先週末お客様からお見積り依頼を受けていた

シクロクロス用のキャリパーブレーキ仕様のホイールを受注しました。

他にも数点案内致しましたが、最終このブランドになりました・・・

 

 

 

このブランドはネーミングからも分かるようにスイス🇨🇭のブランド。

スポークやリム・ハブでも定評があり、通なサイクリストにも人気の

ホイールメーカーですが、意外と見かける機会が少ないのが現状。

本日は以前に販売したPR1600SPLINEをグリースアップ。

スターラチェット専用グリースでキッチリ組み上げ致しました。

 

車輪も、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

パンク修理や各種通学自転車修理もお任せ下さい。

最近何故か販売していない自転車の修理が急激に増加しています⁉️

 

本日は大阪出張から帰るや否や、沢山の自転車修理が待ってました。

通学自転車では往々にしてパンク修理のメンテ依頼が入って来ます。

今日も4台程の修理依頼があり、1台を除いて全て通学自転車でした。

特に最近では他社で購入された車両も急増していますが、基本的には

弊社販売の自転車を優先して修理対応をさせて頂いております・・・

 

 

 

近年では地域の自転車屋さんが激減し、同時に大型店舗が急増中。

それに伴い、メンテナンスでお客様さまとの間でトラブル等も増え、

修理の出張引き取りや完了までに約一週間程度を用するのが普通。

因みに弊社販売の通学自転車は、平日18時までの入電で当日中の

修理や引き取り納車を行いますので翌日の通学にも安心です。

 

修理も、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

Top