BLOG

ラピーエール(LAPIERRE)

“フランセーズ・デジュー”をサポートしている事でも知られているラピエール!
フランスのブランドでもあるLAPIERREですが、正直知っておられるお客様は少ないと思います。
最近の自転車ブランドの人気と言えば、メジャーなブランドが圧倒的な地名度の元に販売を展開しています。
人気がある=良い自転車 とは限りません!
寧ろ知られていない所にこそ、そのブランド良さや特徴が隠されています。
実際には乗ってみないと分からないところではありますが、自分だけのブランド探しも悪くは無いと思います。
今日はそんなこんなで、60年以上の歴史を誇る同社をご案内致します・・・
LAPIERRE
私も以前は全く興味を持っていませんでした。
しかしながら、近年はマウンテンバイクやシクロクロスといったオフでも使えるバイクに興味を持っています。
ロードバイクから各方面にお客様の関心も増え、TTバイクだって町乗りされるご時世です。
このシクロクロスもFDJカラーで、アルミ・カーボン共に設定が御座います。
個人的にはディスクブレーキモデルがお勧めで、今後Di2ハイドリックモデルが主流になると思われます。
マウンテンバイクでもe:iテクノロージーが益々進化し、電子制御により常にリアサスペンションが最適な位置でストロークし、路面の状況やスピードなどに合わせて最適な挙動を示すシステムです。
TTバイクでも「AERO STORM」が新たに登場し、全てジャンルのバイクが楽しめます。
この秋の注目はやはりシクロ&MTB!
一緒に始めませんか!?          キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

シクロクロス・カーボンバイク

シクロクロスといわれるROADとMTBを足して2で割った様なバイクです!
先日まで暑い日が続いていましたが、朝晩は涼しくなって来ました。
これまでは専らロードバイクで楽しんでおられた方も、すこし違った遊びを提案して欲しいと言われます。
こんな時にはロード気分で山道に入っては如何でしょうか!?
マウンテンバイクも楽しいのですが、シクロという選択も存在します。
アルミもありますがカーボンは軽いですよ・・・
FOCUS・シクロクロス
2014年のカーボンシクロクロスラインナップ「MARES(マレス)」シリーズが発表されましたが、注目は「Team Rapha-FOCUSレプリカ」です。
フレーム単体では印象が掴みにくいかも知れませんが、完成車は意外と決まっています。
このタイプのブレーキはディスクブレーキを採用しており、下位モデル2機種はカンチブレーキ仕様です。
シマノから登場したST-R785・Di2仕様の油圧ブレーキレバーを組み合わせれば楽しい乗り物が造れそうです。
最近何でも電動シフトに結びつけようとする悪いくせがあります。
ただ、これからのシクロはこうなるべく進化を遂げていると思います。
2013シクロも在庫が少なくなっています!          キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

フォーカスもお任せ!

新作・2013モデルのシクロクロスが入荷しました!
FOCUSの創設者がシクロクロスの元世界チャンピオンだったことから、シクロクロス車では定評がある「FOCUS MARES」。
現在も世界中のワールドカップコースで、TEAM RAPHAが活躍しています。
その流れを受け継いだ「FOCUS MARES AX」はシクロクロスのエントリーユーザーからツーリングまで幅広く使えることができる機能的な1台です。
最近の傾向は、ディスクブレーキ搭載モデルです・・・
FOCUSシクロクロスです。綺麗なカラーリングが印象的です! ロードバイクもご相談下さい。試乗会を開催します!
ハイドロフォームチュービングで製法されているトップチューブは肩に担ぎやすい形状をしていて、テーパードヘッドチューブやSSUDカーボンフォークなど、上位機種にも搭載されている機能を持ち合わせています。
また、ディスク仕様は過酷なシクロクロスコースでも抜群の制動力を発揮します。
グレーを基調としたフレームにイエローのラインが綺麗に映えます。
正真正銘のNEWモデルですので、他人と被る事無く乗る事が出来ます。
因みに今回入荷したサイズは、500mmでXS。
165CM以上の方なら十分に乗る事が可能です。
是非、ご検討下さい!          キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

Top