BLOG

原付きスクーターなどのメンテナンスもご用命下さい。

本日は雨という事でお客様はパラパラって感じの来店でした。

 

昨日忙しくて対応出来なかった原付きスクーターの整備で前後

のタイヤを交換し、ブレーキシューの可動状況も確認しました。

今回のお客様は、普段の移動を全てこのバイクに頼っている為、

エンジンオイルも汚れておりかなり草臥れた状態での入庫❗️

そんな訳でバイク担当スタッフがガレージで作業でした・・・

 

 

 

事務所で書類整理をしている私からは展示車の死角で見えず、

えらい手古摺っていると思いきや何やら改造しているそう⁉️

オートバイ型のホンダのビジネス車をダート仕様にするとか。

こちらは遊びの延長で売り物では無く乞うご期待ください。

因みに明日が連休前の最終営業日となりますので悪しからず。

 

2輪も、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

スクーターもコンピュータにより診断とエラー消去。

自動車の業界では当たり前のODBIIによるコンピュータ診断。

 

近年の車はトラブルシューティングでも必要な診断機ですが、

特に外車などは機材が無いと何にも出来ない事も多数存在。

もう少ししたら車検制度も一部変更され、クルマの回路まで

診断したレポートを添付しないと合格しないと言われます。

アナログ修理から大幅にデジタル移行しております・・・

 

 

 

この様にデジタルの波はバイク業界にまで押し寄せています。

ひと昔前なら、最新の大型バイクにしか搭載されていなかった

技術が一般大衆車にまで普及しており更に複雑になりました。

そんな訳で今回は125ccの原付二種のスクーターの回路診断。

シールドバッテリーの電圧不足で点灯し、強制的に消去です。

 

バイクも、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

元祖カブといえば郵便局のバイクを思い浮かべます。

暑い時期ですが連日の様に自動車やオートバイの修理が入庫。

 

特に最近ではアニメの影響もあってホンダのスーパーカブが

若い女性からおじさまに爆発的にヒットしており車両も皆無。

特に近年は空前のキャンプブームと重なり、アウトドア向け

の【CROSS CUB】も人気で特に110ccが良く売れています。

他にもハンターカブなる125ccモデルも存在します・・・

 

 

 

先程ご紹介したCT125 ハンターカブは前後輪DISCブレーキ

なのに対し、他のモデルはドラムブレーキを採用しています。

今回、整備でお預かりしている郵便局さまのバイクも同じで、

スポークホイールにドラムハブが搭載されたシンプルな構造。

ブレーキシューの交換と共にドライブトレインも交換です。

 

郵政カブも、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

Top