BLOG

エアロロードのサーヴェロもお問合せを頂きます。

意外と知られてはいませんが、コチラの超有名ブランドも取り扱い。

 

カナダ🇨🇦生まれのプレミアムブランドで、現在オランダPON(ポン)

グループにおいてハイエンド&ピュアレースバイクを提供しています。

そんなcerveloと言えば、今巷で流行りの「軽量エアロロード」

を作り出したの実はココで、先日もASPERO DISCを投入して

グラベルやCXまで幅広いラインナップも魅力のブランドです・・・

 

 

 

一時期、レースバイクと言えば頭に浮かぶハイエンドブランドのC社

ですが、最近ではトライアスロンのPXやTTのP5Discが有名。

名実共に知られるサーヴェロですが、今一番気になっているのが新作

2020モデルのS5 Discで、独特のステム一体ハンドルが特徴❗️

エアロでありながら28mmタイヤが装着出来るのは嬉しいですね。

 

コレも、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

タイヤの交換は簡単そうで意外と難しいですね😅

自転車には大きく分けて3種類のバルブ(空気入れ)が存在致します。

 

一般的なママちゃりには英式と言われる世間一般では良く目にする

バルブですが、他にも米式(自動車など)や仏式が存在致します。

その上、チューブを使用するクリンチャーにタイヤチューブ一体式の

チューブラーに、チューブレスやチューブレスレディも存在致します。

そんな訳で今日はコチラの決戦ホイールにタイヤを装着です・・・

 

 

 

言わずと知れたCampagnoloのボーラ・ブライトラベル。

超定番の50ミリハイトのチューブラーカーボンホイールになり、

未だ尚、多くのサイクリストに愛用されているBORA・ONE。

今回もタイヤを張り替える前にリムの振り調整も行い、プロショップ

としてお客様に最高のパフォーマンスが発揮出来る様に施術しました。

 

タイヤも、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

シクロクロスのシーズン到来でホイールが人気❗️

夏から秋に季節が変わり、近頃朝晩の気温が急激に下がっております。

 

先週までは最高気温も30℃手前まで上がっていたのが、台風通過後

空気が入れ替わり、日中も少し肌寒く感じるようになりました。

本来の10月らしい気候になり、同時にこの季節から盛んになるのが、

泥んこバイクのシクロクロスで、弊社チーム員も例外ではありません。

そんな訳で今回はコチラのホイールをご購入頂きました・・・

 

 

 

シクロクロスといえばディスクブレーキが現在の主流ですが、カンチ

ブレーキ仕様のフレームでレースに参戦されている方もおられます。

今回はリムブレーキ専用のアルミクリンチャーホイールをご購入頂き、

最近弊社で人気のDT SWISSのP1800 SPLINE 23。

チューブレスレディ対応C18リムでタイヤも選択肢が広がります。

 

泥車も、     キヨシ商会 でした・・・・・


ページトップ

Top